宮城県障害者福祉センター

ホーム 目的・概要 事業案内 施設案内 ご予約方法
交通アクセス 機関紙「杜の風」 リンク集 様式一覧 利用団体PR



文字サイズを変える
文字サイズ大文字サイズ中
 
白黒表示
白黒・大白黒・中




宮城県障害者福祉センターの


ホームページへようこそ!





もみじの絵
朝晩の冷え込みが冬の到来を感じさせますね。

当センターの冬を代表する事業“ダンスパラダイス”の

開催が決まりました。誰でも、楽しく、リズムに乗って

おどるディスコダンスです。詳細については、以下の

新着情報欄に掲載しています。ぜひ、ご覧くださいね!


                                  (H29,11,13)

福祉センター概観


   平成29年11月13日更新
新着情報

 ダンスパラダイス2017!inとめ   チラシ
     夏の風物詩、センターまつりが開催されます。多くの皆さまの
     ご来場をお待ちしています!

     日時 : 11月23日(木・祝)12時受付開始、13時オープニング
     場所 : 登米市 南方農村環境改善センター
     内容 : ディスコダンス(音楽に合わせて、自由に踊ろう)
     持ち物: 上履き
     お問合せ: 当センター(電話022-291-1585、FAX022-297-0721)
            までお問合せください。

 きらきら☆キッズ組 〜陶芸編〜   チラシ 申込書
     小学生までの子どもたち、あつまれ〜!
     みんなで楽しく、いろんなことにチャレンジしてみよう。毎回、
     違った体験を企画していますよ。気になる方は、ぜひお問合せを。

     日時 : 平成30年1月7日(日) 午後1時30分〜午後3時
     場所 : 宮城県障害者福祉センター 3階 社会適応訓練室
     内容 : レッツ・チャレンジ! 〜はじめての陶芸〜
     講師 : 石神窯  窯元  大場拓俊 先生
     対象 : 小学生までのお子さん(ご家族・きょうだいも歓迎)
     材料費: お一人 300円
      (付き添いの方も、作品を作る場合には、材料費がかかります)
     申込み: 所定の申込書に必要事項をご記入の上、FAX、郵送、
           または、当センターの受付窓口にてお申し込みください。
     お問合せ: 当センター(電話 022-291-1585)までお問合せ
            ください。

  陶芸教室    チラシ
     毎年好評をいただいている陶芸教室。秋保に窯を開いている
     先生が教えに来てくださいます。はじめての方でも大丈夫!
     新しいこと、始めてみませんか。

     日時 : 平成30年 1月14日(日) 午後1時30分〜3時30分
                  2月 4日(日)
                  2月18日(日)
                  3月11日(日)
                  3月18日(日)   全5回コース
                        ※ 開催時間はすべて同じです。
     場所 : 宮城県障害者福祉センター 3階 社会適応訓練室
     内容 : オリジナル陶芸作品をつくろう
     講師 : 石神窯  窯元 大場拓俊 先生
     対象 : どなたでも(障害のある方で、初めての方が優先)
     材料費 : お一人 500円
     申込み : 所定の申込書に必要事項をご記入の上、FAX、郵送、
            当センターの受付窓口にてお申し込みください。
     お問合せ: 当センター(電話022-291-1585)までお問合せ
            ください。

  カラフルバー 寺子屋 (障害者教養教室)  チラシ
     〜仲間と共に学ぶ楽しさ“楽校”〜と題して、福祉の情報や日常
     生活に活かせる話題をテーマにして、体験や学びあいをします。
     「読む」「書く」「聞く」「話す」「ひとと出会う」暮らしに行かせる時間
     をあなたに!

     日時 : 月の最終日曜日の午前10時〜12時
           ※ 日程表は、上記“チラシ”からダウンロードできます
     場所 : 宮城県障害者福祉センター(内容によっては外出もあり)
     対象 : 肢体不自由の方
       ※ 介助が必要な方は、付き添いの方と一緒にご参加ください
     参加費 : 無料(活動内容によっては、実費がかかる場合もあり)
     内容 : 当センターのスタッフがナビゲーターとなって、みなさん
          の学びの時間を応援します。生活の質(QOL)の向上や
          自己実現に必要な技術習得の機会を作ります。また、
          参加者同士が話し合い、交流を深める中で他者と共に
          生きることの楽しさを感じ、自発的なコミュニケーションの
          機会を作ります。
     申込み : まずは、当センターの寺子屋係り(電話022-291-1585
           FAX022-297-0721)までお問合せください。

 みなさんのお近くまで 〜出前教室・イベント支援〜 
                                チラシ
     普段は、当センターを中心に行っている事業(趣味の教室や
     軽運動など)をみなさんの活動拠点に出向いて実施します。
     また、地元で実施しているイベントの盛り上げへのご協力を
     します。





福祉センター イメージキャラクター チョキねこ


チョキねこは知恵と工夫でたくさんの事業を考えます
愛の力で楽しく満足、信じる力で実行する宮城県障害者福祉センターは勝利と平和のピースサインをモットーに心の獲物「幸せ」をすかさずゲットします

心細いあなたの背中に小さな、(でも猫の大好きな)羽を見つけ爪先立ってそっと忍び寄ります
良い事があって嬉しいあなた、思わず立ち上がり一緒にバンザイしてピースサインを送ります
黒い衣装は忍者のように黒子でいたいの、だって主役のみんなを見張っていたいから

幸せの黒いチョキねことジャンケンしよう
あなたが勝ちたいときは元気にグーを出せばいい
負けたいときはそっとパーを出せばいい
チョキねこはいつも「あいこ」だと思っているから
だからいつでもチョキを出すよ

痛みも苦しみも悲しみも、その形を比べることはできません
比べる必要もありません
その代わりに、幸せはみんなと一緒のもの

幸せをかぎわけて、今日もそっと忍び寄るチョキねこ
わたしは宮城県障害者福祉センターなのだ

   ――  製作者  八巻 寿文氏より  ――

チョキねこイラスト

ボクの名前は、チョキねこ。
宮城県障害者福祉センター
のイメージキャラクターなん
だニャキ。生みの親は、せ
んだい演劇工房10−BOX
の工房長・八巻寿文さんな
んだニャキ。イベントや普段
の交流で感じたセンターの
イメージを絵と詩で寄せてく
れて、僕が誕生したんだニ
ャキ。
ちなみに「ニャキ〜!」って
いうのはボクの鳴き声なん
だニャキ。センターまつりの
「にゃき声コンテスト」で決
まったんだニャキ。
これからもよろしくなんだ
ニャキ〜!!



宮城県障害者福祉センター


〒983−0836


宮城県仙台市宮城野区幸町4丁目6−2

電話番号    : 022−291−1585

ファックス番号 : 022−297−0721